<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://dc.ads.linkedin.com/collect/?pid=44935&amp;fmt=gif">

週休 3 日制 (週 4 日勤務) の労働生産性とメリットは?

週 4 日勤務の生産性

3 日間の週末が近づいてきた時にどのような気持ちになるかを考えてみましょう。退社時間が近くなると、この後 72 時間机に向かわなくて良いという喜びが心に湧き上がって来ます。考えてみてください。3 日間の週末が常に、1 週間の間にあったらどうなるかを。

すごいと思いませんか?

週休 3 日制の実現性


膨大な To Do リストやパフォーマンスに対する要求の増加を目の当たりにすると、週 4 日勤務は実現不可能なアイデアに思えます。特に、アメリカの労働者人口で最も大きな割合を占めるミレニアル世代にとっては困難な概念です。このグループは労働者人口の中で最も勤勉であるという認識が広まりつつあります。73% 近くのミレニアル世代が週 40 時間以上働いており、取得する休暇も前の世代より少なくなっています。

このグループ (そしてその他多くのアメリカ人) がプライベートを犠牲にしていることは、OECD のより良い暮らし指標でアメリカのワークライフバランスに対する評価が極めて低いことのわかりやすい代表例です。

現実には、世界中の約 30% の労働者が週 4 日勤務を望んでおり、企業側としても考慮すべき時期に差し掛かっています。アメリカの組織の約 3 分の 1 で従業員の労働時間短縮が可能になっており、従来の作業スケジュールに戻さない理由はいくつかあります。

国や勤務先はどのようにスケジュールを調整しているか

週 4 日勤務を開始しているいくつかの国では、国民の幸福度に好影響があることを確認しています。

労働時間が非常に長い労働者の割合がわずか 8% であり、ワークライフバランスのスコアが非常に高いフランスでは、週 35 時間勤務が一般的です。フランスでは労働時間が短いため、睡眠習慣の改善や、友人や家族とより長時間過ごすことも含め、「余暇」に国民が費やす時間が長くなっています。特に昼食の時間などの有益な休憩時間を (決まった時間に) 取ることによって、国全体の生産性を週単位で、そして将来にわたって向上させられます。

生産性およびワークライフバランスに対する労働時間削減の効果が証明されたため、アメリカの多くの企業が独自の労働時間削減方法で実験を始めています。企業、そして政府機関でも、オフィスの滞在時間および日数を減らし、従業員エンゲージメントおよび幸福の増大を目指しています。

テレワークで週 4 日勤務

世界 4 大監査法人 (Big 4) の 1 つである KPMG は、2009 年からアメリカ国内の従業員向けに労働時間短縮オプションの提供を開始し、この流れを作りました。KPMG のワークプレースソリューションのディレクターである Barbara Wankoff は、この決定に関して次のようにコメントしています

「[従業員] が自分たちの時間を管理できるようになれば、満足度は向上します。そして従業員の士気、生産性、定着率が向上します」


それから 10 年以上経ち、Buffer などの企業が、従業員にアンケート調査を行い、労働時間短縮のテストを行ってから、2020 年の残りの期間を利用して週 4 日勤務モデルに移行することを発表しました。スケジュール短縮実験の最初の 2、3 週間で、全体的なストレスレベルの減少と従業員幸福度/満足度の向上を確認できました。

新しいワークスケジュールに対する Buffer のアプローチが成功した理由としては、会社全体での意志決定の前に、従業員を巻き込んで新しいモデルの調査およびテストを積極的に行ったことが挙げられます。週あたりの労働時間の本格的な削減を即座に実施することが不可能に思える場合でも、小規模な削減は常に可能です。

現実: 幸福な人々はより生産的な人々

労働時間短縮が企業と従業員の生産性に好影響を及ぼすことに疑問を抱く批評家は依然として存在します。リーダーは通常、管理費の増大そしてコストアップについて頭を悩ませます。

週 4 日勤務スケジュールの提示は、ワークライフバランスに明らかな影響があります。これはヨーロッパ諸国や Buffer などのグローバル企業の提案で実証されています。長い労働時間が好結果に結び付かないことを示す同様の例は他にもあります。

実際、スウェーデンの 6 時間勤務のように、労働時間を短縮した方が生産性は向上する可能性があります。タイムキャップを導入しているスウェーデンの企業では、高い幸福度が示された従業員は仕事とプライベートのバランスを確保しており、家族や友人と過ごす時間や、クリエイティブな趣味の時間がより長くなっています。労働時間短縮の正当な理由を探しているのであれば、幸福度と生産性の直接の関係を解明した研究が参考になるでしょう。

Basecamp の創設者 Jason Fried は、ニューヨークタイムズのオプエド (社説への異論) で「週 4 日勤務の方が週 5 日勤務よりも良い結果が得られる」と述べています。これは Basecamp が 5 月から 10 月までの間に行った、週 4 日、32 時間勤務を正当化するコメントです。

労働時間の短縮: 夢と現実

1 週間の労働時間が短くなれば生産性向上に好影響があるかもしれませんが、トレードオフが発生することを認識しておく必要があります。Reusser Design の創業者である Nate Reusser は、週 4 日勤務の問題点として、特に従業員が病気で休む場合のスケジューリングを挙げています。チームメンバーが急に休むことになった場合、より少ない日数で仕事を再配分するのは容易ではありません。ただし、Reusser はこれを解決する価値のある課題であると信じています。

同様に、労働時間短縮でシフトのスケジュールもより困難になります。シフトが同じ時間帯に集中する可能性があるため人件費が増加し、またアメリカの多くの企業が操業しており、消費者の多くが活動している週 5 日の平日をカバーできなくなる可能性があります。

Buffer のチームは週 4 日勤務の実験でこのようなスケジュールの問題を実感しました。誰がいつ休むかを覚えておくのは大変であり、チーム全体で出勤と欠勤を予測し、計画を立てる必要がありました。

出勤する日数だけを減らして時間を減らさなかった会社では、従業員は 2 時間残業して疲れ果ててしまうことが多くなりました。また、子供の世話と両立できなくなり、共働き夫婦や介護する家族のいる従業員には新たな金銭的負担が発生することになりました。

財務的な負担やシフト作業の課題には容認せざるを得ない面もあります。実際のところ、週 4 日勤務が可能になるのは特定のタイプのキャリア、そして一定の収入範囲 (つまり高収入) の労働者のみです。

つまり、1 日中オープンしている必要がある公共的な事業に従事している場合、または短くなった労働時間の埋め合わせをするような給料をもらっていない場合は、その組織の労働時間を短縮するような動きは起こらないでしょう。

週 4 日勤務は週 5 日勤務よりも良いのか?

Google の CEO である Larry Page は、こぼれ話で、労働者のグループにもっと休暇が欲しいかどうか尋ねたら、いつでも間違いなく「はい」と答えるだろうと述べています。

「Yes」と言っているミニオンズ

Jason Fried は、消耗と疲労を回避し、クリエイティビティを促進するために Basecamp が 1 年間実施した週 4 日勤務期間の間に、前述したような人たちが「門外漢」になってしまうことに即座に気がつきました。そして、スウェーデンは 6 時間勤務プログラムに多数のメリットを見いだし、Buffer のような企業は週の労働時間を短縮することで士気と自立性に明確な差異を見いだしたのです。

チームは自分たちの時間を大事にしてくれる会社のために働くことでより幸福になり、勤務時間中も幸福感に満たされ、力づけられ、より一層仕事に励むという仮設が立てられます。したがって、最初は労働時間の短縮にショックを受けるかも知れませんが、あなたの会社の業務内容が、労働時間の短縮によって従業人と経営者の両方が等しくメリットを享受できるものであれば、一考の価値があります。


皆様からのご意見、ご要望はとても大切です。私たちの Twitter (@trello) もチェックしてください!

次の記事: テレワーク導入済み企業から学ぶ在宅勤務を成功させる方法

TrelloのBusiness Classに登録してSalesforceやGitHubなどのポピュラーなツールと連携しましょう

もっと読む