<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://dc.ads.linkedin.com/collect/?pid=44935&amp;fmt=gif">

企業の戦略的計画をチームの日常業務に取り入れる方法

投稿者 | 公開日
<span id="hs_cos_wrapper_name" class="hs_cos_wrapper hs_cos_wrapper_meta_field hs_cos_wrapper_type_text" style="" data-hs-cos-general-type="meta_field" data-hs-cos-type="text" >企業の戦略的計画をチームの日常業務に取り入れる方法</span>

戦略的計画。企業のリーダーシップにおける一般的な用語であり、企業がかなりの時間、労力、費用を費やせるタスクです。それでも、圧倒的な数の 企業戦略が失敗しています。数週間または数か月間も努力した後に、リーダーシップが戦略的計画を発表すると、その見事に作り上げられた長期的な目標は途中で挫折することになります。良くても、戦略的計画は実施されないままになり、最悪の場合はチームが困惑して挫折し、分裂しかねません。

戦略的計画が適切に実行されると、企業にとって非常に有用な資産となって、企業が現状から希望する状態に到達する方法を綿密に計画できます。ただし、経営陣の約 40% は、役員チームが実のところ戦略的計画を実行する方法に関して一致していないと話しています。残念ながら、最終目標に到達する方法を詳述する具体的かつ一致した計画がなく、戦略的計画が最終目的のすばらしいビジョン ボードのように見える場合は、目標には到達できないでしょう。

幸いなことに、企業の戦略的計画をチームの日常業務に取り入れる方法があります。関係者の同意、従業員の賛同、チームを夢の目的地に導く具体的なステップを得ましょう。適切な道筋は、強力で実行可能な戦略的計画を作ることから始まります。

戦略的計画の作り方

簡単に言うと、戦略的計画は、希望する企業の姿とその目標に到達する方法を示します。Gartner によると、チームの能力を引き出して新しい成長戦略に取り組める企業は、収益性を最大 77% 向上させられるそうです。これは微々たる金額とは言えません。戦略的計画が適切に実行された場合に、企業にもたらされる効果を示しています。

ほとんどの戦略的計画には、次の基本的な点が含まれます。

  • 企業の説明 (エレベーター ピッチ)
  • ミッション ステートメント (経営理念)
  • ビジョンと価値観に関するステートメント
  • ビジネスの強み、弱み、機会、脅威についての分析 (SWOT 分析)
  • 現在の社内外の環境と、それぞれの環境が会社に及ぼす影響に関する分析
  • ビジネス目標
  • それらの目標を達成するための行動計画

目標が実行可能であることを確認するには、行動計画を来年の四半期ごとの具体的な目標に分割します。目標に 「SMART」ゴール: Specific (具体性)、Measurable (測定可能)、Achievable (達成可能)、Relevant (関連性)、Time-bound (期限) を設定します。これによって、目標が実際に到達可能なものとなり、大きなビジョンを小さいステップに分割できるようになります。

以下のボードは、Trello で戦略的計画を策定する方法の例を示しています。戦略的計画テンプレートから始めて、戦略的な目標を特定の成果物に分割してから、目標を達成するために四半期ごとに行うステップを説明します。

Q1 列にリストされている各カード内で、四半期ごとの目標をより詳細に分割して、さまざまな部門が各目標を達成するために必要な一般的なアクションを特定します。

各チームのリーダーはカードにタグ付けもできるため、担当する目標や成果物を把握できます。

戦略的計画を日常業務に取り入れる方法

戦略的計画を四半期ごとの目標に分割したら、チームが実際に日常業務において戦略的計画に向けて前進できるようにしましょう。

チーム メンバーからの賛同を得る

戦略的計画が実際に実施されるようにする最初のステップは、部門の四半期ごとの方向性を設定するプロセスに従業員の賛同を得ることです。もちろん、多くの場合、リーダーシップは何百人または何千人もの従業員が介入することなく、会社のロードマップを決定しますが、さまざまな部門がそれらの目標を達成する方法を決定する場合には、従業員は最初から関与する必要があります。これには 2 つの理由があります。

最初に、従業員は双方向の会話に参加することで、トップダウン式のタスクを単に義務付けられるよりも、一貫して優れた結果を示します。Gartner によると、従業員が積極的に変更プロセスの設計に関与するオープン ソースの変更管理戦略を利用すると、成功を収める可能性を最大 24% 高められるということです (変更管理戦略のプロセスを決定する際に従業員を参加させると、従業員エンゲージメントを最大 38% 向上させられます)。マネージャーがチームとオプションをブレイン ストーミングしたり、スプリントの設計を主導したり、従業員が希望する進路を調査したりすることによって、従業員は参加できます。

次に、従業員もビジネスの最前線にいるため、戦略的な意思決定に関与してもらうことによって戦略に関する仮定をテストできます。仮定に誤りがあると戦略の 83% は失敗する可能性があることを考えると、このステップは重要です。リーダーは昇進するにしたがって、多くの場合、顧客の日常的なリクエスト、フィードバック、課題からかけ離れてしまいます。最前線にいる従業員に戦略実施計画の作成に関与してもらうことで、仮定をテストして、毎日これらの課題に対処している同僚とブレイン ストーミングできます。

早期かつ頻繁にコミュニケーションを取る

潜在的な顧客は行動を起こす前に企業のメッセージを少なくとも 7 回確認、または聞く必要があるということを示している 7 のマーケティング ルールと同様に、リーダーシップは新しい戦略的目標とイニシアティブを従業員に常に重要視してもらう必要があります。新しい戦略に関してコンサルティング企業に多額の費用を費やす企業がかなり多いですが、戦略を従業員に明確に伝えられないと、戦略は次第に消えてしまいます。

戦略的計画のイニシアティブが従業員の勤務時間内で充実した時間になるようにするには、戦略的計画を文書化して具体的なタスクと期限を追加します。チームが四半期ごとの目標を達成する方法を決定したら、そのプロジェクトをタスクに分割して文書化します。特定の成果物、調査の必要性、タスクを概説するプロジェクト管理ボードを配置して、関連する関係者をタグ付けして期限を設定します。

この場合は、Trello のタイムライン ビューも使用すると役立ちます。タイムライン ビューでは、ボード上のすべてのカードがタイムラインで表示されて、必要に応じて毎月、四半期ごと、または毎年など、表示を切り替えられます。これによって、期限を守って目標を達成するために、目標を起点にして計画を立てられます。

ただし、プロジェクト ボードをまとめるだけで終わらせないでください。毎日、または毎週のチームのスタンドアップで定期的に戦略的イニシアティブ、機会、障害物について話し合って、これらのイニシアティブをチーム/企業全体のミーティングやアップデートに追加します。全員が参加してチームの戦略的な優先順位を常に確認することで、年末に目標を達成しやすくなります。

チームの能力を最大限に活かして、新しい目標に取り組む

最後になりますが、従業員のスケジュールを確認して、新しい戦略的イニシアティブに取り組む余地を設けることが重要です。チームをレイヤー ケーキのように扱って単に業務を追加すると、タスクが抜け落ちたり従業員の健康を損なったりするリスクが発生します。

チーム メンバーが通常のプロジェクトとタスクで既に手がふさがっている場合は、新しい戦略的目標に取り組む余裕はありません。マネージャーは 1 対 1 会議で従業員の個々のワークロードについて取り組んで、優先順位について話し合うようにします。重要でない作業を年内の後半まで中断できる場合には、中断します。メールのフォローアップ、受信トレイの監視、またはプロジェクトの更新など、習慣的なタスクを自動化できる場合は、チームの毎日のワークフローに自動化を追加することを検討します。Automation Everywhere によると、そのような単純な行動によって平均的な従業員で最大 1 日 3 時間の負担を減らせるとのことです。

戦略的目標の進捗状況を追跡する方法

定期的かつ明確なコミュニケーションは、組織の目標に対するチームの進捗状況を常に把握するための優れた方法ですが、通常の作業管理ツールを利用しても最新情報を入手できます。チームが Trello ボード上のカードに、作業を一致させる戦略的目標 (該当する場合) でタグ付けすることを検討します。ラベルごとにカードを並べ替えたら Trello のダッシュボード表示を利用して、企業の戦略的計画に対するチームの日常業務の進捗度を確認できます。

常に目標に対する状況を確認するために、定期的にチームのダッシュボードをチェックするのは優れた方法です。従業員が他の目標を犠牲にして一部の目標を優先しているのを発見したら、チーム ミーティング中にそれを取り上げて、目標の優先順位付けを再度行って注視するべきタスクに集中できるようにします。直属の部下が戦略的イニシアティブに対して進展していない習慣的な作業に追われている場合は、1 対 1 会議の際に一部の作業を部下から取り除く方法を模索できます。

Trello Enterprise で重要なイニシアティブに集中

新しい戦略を実施することは簡単ではありません。リーダーシップの最上層から最前線の従業員に至るまで、連携が必要です。企業として A 地点から B 地点まで舵を取る方法を考えるのですから、一時的な中断や挫折があっても当然です。船がわずかに数度ずれてコースを出発すれば、最終的には数千マイルになってしまうこともあります。しかし、強力なコミュニケーションエンゲージメント、プラクティスがあれば、進捗を追跡できます。戦略的計画が目的地に向かうコンパスの役目を果たすことを確認できるでしょう。


皆様からのご意見、ご要望はとても大切です。私たちの Twitter (@trello) もチェックしてください!

ページ トップに戻る

チームの生産性に変革を

チームの生産性を飛躍的に高める、Trello の柔軟な機能と統合をご紹介します。

開始する