<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://dc.ads.linkedin.com/collect/?pid=44935&amp;fmt=gif">

チームが目標設定方法を変化し続ける環境で身につけるには

投稿者 | 公開日
<span id="hs_cos_wrapper_name" class="hs_cos_wrapper hs_cos_wrapper_meta_field hs_cos_wrapper_type_text" style="" data-hs-cos-general-type="meta_field" data-hs-cos-type="text" >チームが目標設定方法を変化し続ける環境で身につけるには</span>

チームの目標設定を理解するうえで、渡り鳥は自然界におけるぴったりな例です。目的地を知っている渡り鳥は、効率的に飛ぶことでエネルギーを節約し、より遠くへ移動するために V 字型のフォーメーションを使用します。このパターンでは、渡り鳥はより細かくコミュニケーションを取ることで、互いの進歩を把握できます。

全員が当事者意識を持って目標設定と結果に直接関わっていると感じているときに、チーム モチベーションは大きく向上します。しかし、明確なガイドラインを作成してそれぞれが貢献できるようにするだけでは、まだ足りません。

また、チームの成功は、不確定要素に溢れる現在の職場へ迅速に適応する能力に依存しています。事前に計画を立てて急な方向転換を管理するツールを備えているチームは、目標の安定性を高められます。

たとえ目標がどのようなものでも素早く姿かたちを変えようとも、チームが一連の目標を設定して一直線に進める方法をいくつか用意しました。

チーム ブレインストーミングが強力な目標基盤を築く

あらゆる目標設定戦略のための堅実な基礎を築くことは、関係者全員が目標とチームの成功のための具体的な役割を明確にすることを意味します。このためには、チームを結集して、目標、優先順位、ベンチマークをブレインストーミングするのが最適な方法です。

単純にタスクを割り当てるのではなく、チームの専門知識を活用してください。各メンバーは自分が最も得意とすることとタスクにかかる時間を理解しており、他のチーム メンバーが自覚していない可能性があるスキルも把握できます。彼らに、目標を小さく具体的で管理可能なアクション ステップに落とし込む方法を決定させて、タイムラインを設定させ、彼ら独自の強みを活用して仕事をやらせてみましょう。

自分の役割を定義してコラボレーションの方法を設定できれば、チームは権限を与えられて成果に投資されていると感じられるため、新たな責任を引き受ける意欲すら生まれます。

giphy (57)

また、チームとして目標を設定する際には、想定外の事態に備える必要があります。すべてが計画通りに進むわけではないことは当然ですが、障害や突然の変化を前もって想定していれば、チームは問題を解決しやすくなります。

チームのブレインストーミング プロセスに、「想定外の事態の想定」を組み込みます。どこかに潜んでいる落とし穴への解決策に対してインサイトを働かせることで、予期せぬ事態にも対応できます。すべてを予測できる訳ではありませんが、準備できることはたくさんあります。さらに、目標達成までの道のりの障害に備える心構えができます。

では、チームではどんなツールを活用できるでしょうか? Trello Enterprise などのツールを活用して、ブレインストーミング計画を一元管理できます。Trello ボードは、チームが目標、成果物、期限を明確に設定して計画を進めるのに役立ちます。また、予期しない変更や遅延が発生した際は柔軟に調整できます。

目標設定が会社全体の繋がりを作る

チームは短期目標が会社の長期的な使命に結びついたときに、自身の貢献をより大きな全体像の一部として認識できます。これは強力なチーム モチベーションです。

チームは、ただ忙しく働くのではなく、何のために忙しく働くのかを知りたがっています。ッキンゼーの調査によると、「社会に貢献して、意義のある成果を達成すること」が、働くモチベーションとして最も高いランクに位置しています。

チームと会社の目標との繋がりを促進するための目標設定手法の 1 つは、目標と主要な成果 (OKR) を確立することです。目標とは、企業が目指している最終的な到達点です。主な成果とは、チームが進捗状況を監視してマイルストーンに達した時期を把握するために使用する、測定可能な指標です。OKR を使用すれば、チームは小さな目標が具体的な価値を提供する方法を確認できるので、会社を前進させることに繋がります。

たとえば、ある企業の目標は、従業員エンゲージメントを 20% 向上させることであるとします。各部門はこの目標への貢献度を測定するために、特定の目標を設定します。この目標の作成には、主な成果または指標を使用します。部門へのエンゲージメントを高めるために、マーケティング チームは、第 2 四半期末までに従業員のスキルを向上させるキャリア開発プログラムを作成するという、主な成果を設定しました。チームはこの主な成果を果たして、マーケティング従業員のキャリアへの投資によって、同社の次の年次調査でエンゲージメントが 25% 向上しました。

OKR を使用するメリットは、上手くいってない場合の方向転換が容易であるということです。チームの主な成果の目標達成度が低い場合は、計画の要素を再考するべきだと分かります。

Trello Enterprise のような柔軟なプラットフォームによって、チームはチーム全体の目標と全社的な目標を追跡し、これらの OKR を最大限に活用できます。V2MOM フレームワークは、最も高いレベルから日常的なタスクまでの目標を設定するのに最適です。これによってチーム メンバーは、自分の仕事が会社全体にどのように貢献しているかを認識できます。また、戦略の変更が必要になった場合は、効果的なフォーマットに従うことで全員が次のレベルに引き上げられるように調整しやすくなります。

方針を維持するために目標を再考する

チームが目標設定において参照できるのは、持っている情報だけです。チームは目標を達成する上での障害を克服するために定期的に計画を再検討して、想定外の事態の発生によって目標の変更が必要になった場合は各メンバーに周知する必要があります。

チームは、定期的にミーティングを行う必要があります。これらのミーティングでは、目標を再確認して仕事量の配分に関するフィードバックを得て、今後の課題について懸念があるかどうかを確認します。期限までの期間に応じて、ミーティングの頻度は毎週、毎月、または四半期ごととします。

giphy (58)

各ミーティングの間におけるコミュニケーションが重要です。あらゆる物事を予測することはできませんが、チームで情報を逐一共有することで、全員がタスクを把握して、想定外の事態が発生した場合にも臨機応変に方向転換を戦略化できます。

Trello Enterprises の共有された柔軟なワークスペースによって、チームは毎日および毎週の目標をリアルタイムで修正し、方向転換に関わるすべての人にすぐに通知できます。Daily UpdateSlack Power-Ups によって、チームは常に連絡を取り合えます。ラベルガント チャートを使用して、タスクの分類と優先順位を変更したり、タイムライン ビューで期限を速やかに変更したりできます。

チームで一致団結する

最大限の成果を上げるには、目標設定は密室で行われるべきではありません。チームを意思決定プロセスに関与させることで、説明責任、協力、コミットメントを促進できます。

Trello は、実用指向のツールを提供することでチームをサポートして、目標の設定とバッファーの組み込みに必要な透明性、柔軟性、スピードを提供します。

チームワークで確実に夢を実現します。目標の達成は、ある地点に到達することを超える意味を持ちます。それは、企業が成長して繁栄し続けるための基礎の一部です。チームが目標を通じてどのように企業の成功に貢献しているかを理解することで、自分たちが成果の利益を享受できることを認識できます。そしてそれは、誰もが協力できる目標です。


皆様からのご意見、ご要望はとても大切です。私たちの Twitter (@trello) もチェックしてください!

ページ トップに戻る

チームの生産性に変革を

チームの生産性を飛躍的に高める、Trello の柔軟な機能と統合をご紹介します。

開始する