<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://dc.ads.linkedin.com/collect/?pid=44935&amp;fmt=gif">

OKR に関するすべて: 設定し、達成し、Trello で追跡する方法

投稿者 | 公開日 | 3 分 (読む時間)
<span id="hs_cos_wrapper_name" class="hs_cos_wrapper hs_cos_wrapper_meta_field hs_cos_wrapper_type_text" style="" data-hs-cos-general-type="meta_field" data-hs-cos-type="text" >OKR に関するすべて: 設定し、達成し、Trello で追跡する方法</span>

Trello を使った OKR の追跡方法。

それで、あなたは積極的に成功をつかみたいのですね?

私たちもそうです。Buffer で OKR が成功を支援してくれています。それはもうわかっていますが、何がどうなのでしょうか?

OKR とは「Objectives and Key Results」の略で、「目標と主な成果」という意味ですね。目標とは通常、達成したい結果であり、主な成果は目標の達成へと向かっていることを把握するための測定可能な指標です。

それらを別の方法で定義するなら...

  • 目標は、「何を達成したいのか?」という質問に答えるのに役立つもの
  • 主要な成果は、「目標をもうすぐ達成することはどうすればわかるのか?」という質問に答えるのに役立つもの

大きな計画には大きなアクションが必要でしょう?それでは、企業 OKR をどのように使ったのでしょうか?

OKR と組み合わせた企業戦略が、次の四半期にベストな結果をどのようにもたらすのかを見てみましょう。

OKR とは何でしょうか?

目標と主な成果は、目標設定を通じて進捗を追跡することで、パフォーマンス管理の向上につながります。グループやチームで使用でき、一定の期間に設定されるので、進捗状況を追跡できます。

簡単そうではありませんか?

ウェブサイトのオーナーには Google Analytics がいつでもどこでも使用できるのと同じように、私たちには Buffer でソーシャル マーケターに対して同様に便利なソーシャル メディア ツールを構築するという壮大な計画があります。それは大きくて、困難で、大胆な目標です!そのような目標の設定と取り組みを始めるにはどうすればよいのでしょうか?

私たちには、大きなプロジェクト (コース!) をリリースし、新しいチャンネルを模索し (Snapchat!)、Slack に一日中時間を費やさないようにするための、大きなマーケティング計画があります (1 度に 1 つずつです!)。

目標を調整し、追跡し続けるのは難しいことです。すべての目標がとても刺激的で、また、大きなものである場合、どのように優先順位をつけたら良いのでしょうか?

聞いたことがありますか?設定した目標 (どんなに大きなものでも) に到達する方法があり、到達するまでずっと追跡し続ける方法があると想像してみてください。それこそが、私たちが目指したものです。

このソリューションは、厳密に目標設定する方法であり目標と主な成果を使用した進捗の追跡である OKR にフォーカスすることにあります。これは私たちのフォーカス、興奮、結果に非常に大きな影響を与えました。

実際の目標と主な成果は以下のようなものです。

強力な OKR の例

出典: Weekdone ブログ

OKR を使用している企業はどのようなものでしょうか?

企業 OKR が最初に Google にもたらされたのは、1999 年に VC の John Doerr が Larry Page と Sergey Brin に紹介したときです。それからずっと企業 OKR は Google で使われてきました。そして、90 年代以降 Google は非常にうまく成長しているようです。ソーシャル プルーフ (社会的証明) について説明しましょう!

Google が OKR プロセスをどのように実装しているかについては、Google Ventures Startup Lab の Rick Klau が、(サンフランシスコ フォーティナイナーのリファレンスを使用して) 目標とはどのようなものか、および Google がそれらを設定して追跡することをどのように考えているかを説明しています。

そして、OKR を使用している有名企業は Google のみではありません。一時 OKR をうまく利用したことがある企業、または、現在でも使用している企業には、ツイッター、インテル、シアーズ、LinkedIn、オラクル、Zynga などがあります。

OKR を使うべき 3 つの理由

Buffer ではさまざまなワーク スタイルを経験し、私たち全員が最善かつ幸せに働く方法を見つけるべく実験してきました。私たちが試してみたのは、

  • ティール (ティール組織という本に基づく)
  • 管理者のいない、ホラクラシーに近い非常にフラットな組織構造
  • 目標を設定しない
  • 多くの目標を設定する
  • OKR

同時に、私たちはかなり急速に成長しました。2 年前に私が入社したときチームは 17 人でした。今は 82 人になっています。

会社が成長し、四半期ごとに目標を立てているうちに、私たちは会社のために望む大きな目標について全員が同じ認識を持つためにシステムが役立つかもしれないと感じました。OKR を使用して、これらの目標への道筋を図表にし、2016 年には OKR を四半期ごとに設定しました。最も価値のあると思ったのは以下の点です。

1. 目標と主な成果が透明性を高める

最大のメリットの 1 つは、組織が共通の目標に向かって作業するための構造と透明性を OKR が提供してくれることです。Weekdone の社員の説明が気に入りました。

OKR の主な目標は、企業、チーム、個人の目標を測定可能な結果につなげて、全員が正しい方向に向かって動けるようにすることです。

そして、何十人、何百人もメンバーを擁するチームが 1 つにまとまって動けば、かなり素晴らしい結果を達成できるのです!

Buffer での最初の四半期目標 (1 月から 3 月) で、この透明性をすぐ実感しました。私はチーム メンバーと協力して、顧客のケース スタディを作成していました。それ自体が素晴らしくまた楽しい仕事でしたが、OKR から得られた視点によってさらに重要になりました。ケース スタディの OKR と収益を得るための全社規模の OKR に境界を設けられました。

  • ケース スタディが導くのは、
  • ミドル ファネル、ボトム ファネルのトラフィックで、それが導くのは
  • 高いコンバージョン率で、それが導くのは... (マーケティング全体の OKR)
  • より多くの試みが始まりますが、それが意味するのは…
  • 月間経常収益、つまり MRR の増加 (企業全体の OKR) です。

2. OKR がフォーカスを高める

企業目標のベスト プラクティスは定期的にそれらを再検討することですが、四半期ごとではなく毎週が理想です。私は個人的なパフォーマンスをレビューするために毎日それらを再検討していました。

新しいタスクに向かうとき、または自分の仕事に流されていると感じたときはいつでも、私はいったん手を止めて自問します。

「これで自分の目標達成に近づけるのだろうか?」

それから、私は OKR Trello ボード (その OKR ソフトウェアの詳細については下に記載) を取り出し、私の現在のタスクが、私が定めた目標内のどこに位置するのか確認します。物事がきちんと線上にあれば、仕事に戻れて、正しい方向に向かっていると自信を持てます。矛盾があれば、他のタスクに移動するための内在する理由が使えるでしょう。

3. OKR はコラボレーションを高める

これはおそらく迅速な学習に最適なレッスンでしょう (OKR に感謝!)。全員に総力で協力してもらう必要があります。

個人的 OKR の多くは、チーム メイトや従業員のエンゲージメントを巻き込むことに依存していました。私にはフロントエンドの開発スキルがなかったので、新しいランディング ページをその場で設定できませんでした。設計できないものも 1 つあったので、新しいインフォグラフィックスを 3 から 5 つ作成できませんでした。それで私はすべてを見直したのです。

これらの取り決めが Buffer 全体で広く共通していることがわかったので、OKR の確定前に、交渉期間を漏れなく含めるようにしました。

これらのプロジェクトでともに作業する必要がある人たちと連絡を取り合い、作業が各人の OKR リストに載るように、彼らと共通点を見つけるだけで良いのです。

OKR はマーケティングにどのように役立つのでしょう

Buffer では OKR の多くの異なる層があります。共同創立者である Joel と Leo が設定する、会社全体の目標と主な成果があります。それから、マーケティング、製品、幸福度、エンジニアリング、データ、システム、コミュニティ、顧客開発、人、運用など、Buffer の各エリアの適切な OKR があります。

その先には、各チームのそれぞれのメンバーに個々の OKR があります。これは本当に少し高めの目標を設定するのに役立ちます!私たちの OKR システムは、BetterWorks のこの図に若干似ています。

Betterworks チーム図と OKR

新たな四半期の開始に先立つ数週間前に、全員が時間をかけて今後数か月で達成したいことを振り返ります。Joel と Leo が、全社トップダウン OKR の設定を支援し、それから、マーケティング チームとして協力し、私たちのエリアでの OKR がどのようなものになるかを交渉します。

これは、Buffer で OKR を設定するためのいくつかのヒントの簡単なリストです。

  • 目的は意欲的なものになるため、少し落ち着かないと感じられるはずです。
  • 主な成果は測定可能であり、数値が必要です。
  • 理論的に言えば、OKR の 70% しか達成できません。
  • 100% 達成することは、OKR が十分に意欲的ではないことを意味します。
  • 成績が思わしくなくても罰せられるべきではありません。
  • 多く設定しすぎないように注意してください。一般に、最大 5 つの目標、それぞれに 5 つの主な成果があれば十分です。

そして、おそらく私たちが OKR を使って学んだ最大のもの、それは、OKR は四半期中に変更できる (そしてすべきである) ということです。特に SaaS のスタートアップでは、物事の進行が速いので、学びも早くなります。そのため、日々のプロセスを経てみると、数週間後には、設定した目標が適切なものではなくなっているかもしれないのです。

第 2 四半期 (4 - 6 月) のマーケティング OKR には、取り組めてうれしかった 5 つの目標が含まれており、それぞれに 3 つから 5 つの主な成果がありました。前四半期中に Medium で実施したいと思っていた 1 つの OKR を以下に示します。

Buffer の会社目標 OKR の例

(全 OKR を網羅したリストの閲覧はこちらから)

OKR の設定は本当に楽しいです。大きな夢を描き、現在はどこにいるのか、達成したいのはどこかを振り返り、そこに到着するためにはどうすれば良いかをブレーンストーミングするチャンスです。

また、結構楽しいこととは?それらの追跡です!マーケティング OKR に使っているシステムで多くの喜びを感じました。

Trello でタスクを追跡する方法

OKR を追跡するための Trello ボード

^ Buffer のマーケティング OKR

Buffer では、自分たちが最高と思える方法で OKR を追跡できる自由があります。確実な OKR トラッキング用の素晴らしいツールがいくつかあります。Trello ボードには私の必要なものがすべてあり、そのおかげで、素晴らしいソフトウェア管理チームになります。Buffer のマーケティング OKR 用にボードを作る方法は以下のとおりです。

初期設定

基本的なレイアウトは次のように構成されています。

  • 各目標はリスト タイトルにまとめられています
  • 個々の主な成果用に、その目標リストの下に専用のカードがあります
  • 各カードには OKR の詳しい説明が記載されています
  • ラベルは主な成果の状態を示します

Trello ボードを使用する上での最大の目標の 1 つは、ボードを a) 使いやすくして、b) スキャン可能にして、c) きれいにすることです。幸いにも、3 つの希望はすべてうまく結びついています!

目標全体をリスト タイトルに収めることは不可能だとわかりました。「Medium で最高の企業について考えるとき、頭に浮かぶナンバー 1 ブランドとして Buffer を挙げるべきです」という文章はあまりすっきりとは収まらないでしょう。それで、短くまとめてみました。各 Trello リスト名は、目標の俯瞰的な概要であり、時にはたった 1 つか 2 つの単語で表現できます。

同様に、個々の主な成果には専用の Trello カードがあり、前面には巧みに省略された説明があります。

Trello カードで追跡された OKR の主な成果。

次に、カード内に進み、目標と主な成果について詳しい内容を掘り下げます。

エディトリアル カレンダーの Trello カード内の目標詳細

また、個々の主な成果との間にどれくらい隔たりがあるのか示す非常にシンプルなラベル システムを使用します。

  • 企画:「まだ開始していないが、いろいろと考えているのは間違いありません!」
  • 進行中:「現在取り組み中!」(これは当社で最も頻繁に使用されるラベルです)
  • 完了:「成功!」
  • (暫定的な) 完了:「十分に達成できたとは言えないが、いつかはできるでしょう」とは、これを言うのに体の良い表現。

Trello 内で進行状況を示す主な成果ステータス ラベル

すべての色分けされた主な成果ステータス ラベル。

チェックリスト

主な成果の進捗状況を追跡するための最良の方法の 1 つは、チェックリストを使用することです。これらは、ブログ投稿、実験など、「x 個のことを達成する」と定義する成果にとって大きな意味があります。

成果の 1 つの例は、「ソーシャル ブログに向けてトラフィックを増加させるために 8 つの実験を実行」です。

チェックリストは、OKR を追跡し続けるのに役立ちます。

To-do リストに変えるのがそれほど簡単ではないこれらの成果用に、若干異なる追跡設定があります。チェックリストは、四半期を通じて一連のマイル マーカーの役割を果たし、定期的にチェックし、最新の統計や活動でカードを更新する責任を果たし続けるために役立ちます。

マイル マーカーを設定して OKR を追跡します。

ウォーターフォール チャート

四半期には、「最初の 4 週間で新しい投稿のセッションを 30% 増やす」や「オープン ブログで月あたり 150,000 セッションを得る」など、期限が設定されている目標を複数立てました。

ちょっと高めに設定する目標として、これらは刺激的です!そして、私が確実にしたいことの 1 つは、4 月に OKR を設定したところにとどまっていないこと、そして 6 月下旬になって予想の範囲内にすらいないことに初めて気が付くということがないようにすることです。

ここでうまく助けてくれるとわかったのは、ウォーターフォール チャートです。ボード上でいくつものカードがついているのがわかるでしょう。

Trello カード上のウォーターフォール チャートが OKR を追跡します。

ウォーターフォール チャートは、一対の折れ線グラフです。1 つは、目標を設定した時点と目標期間の終了時点の位置を示し、もう 1 つは期間中の進捗状況を示します。

私たちは HubSpot の Mike Volpe のガイドを手本に自分たちのグラフを採用しました。基本的に次のように機能します。

  1. 期間に基づいて目標を設定します。
  2. 目標を達成するために毎日の進捗がどれくらいである必要があるかを決定します。
  3. この進捗状況を折れ線グラフにします。
  4. 毎日の進捗状況を追跡し、
  5. この進捗状況を折れ線グラフにも追加します。

こんなにシンプル (そして複雑) です。私たちが使用したテンプレートはこれです

チャートに追加した変動は、私たちが第 1 四半期に実現した結果です。OKR のコンセプトは、四半期に達成を期待されているのは OKR の 70% に過ぎないということを踏まえた上で、積極的かつ意欲的な目標を設定することです。そして、この要素をウォーターフォールに追加して、ウォーターフォールに現在あるのは 3 本の異なる成長ラインとなりました。

  • 70% - 予定通り
  • 85% - うわあ、すごくうまくいっている
  • 100% - 大成功!花火!絶好調だ!

さて、四半期の初め頃のチャートは次のとおりです。

ウォーターフォール チャートを使用して OKR を追跡する方法。

Trello にそれをどのように追加すればよいのでしょうか?

シンプル (でハッキー): Google スプレッドシートのグラフのスクリーンショットを撮って Trello カードに追加し、最新のチャートがカードの表紙になるようにします。

続いて、設定して、あなたの OKR を追加します

生産性、フォーカス、成果を活性化させる方法を探しているなら、OKR のような目標設定システムが真のブースターとなります。OKR について掘り下げるべきことはまだまだたくさんありますが、これらの基本だけで素晴らしい目標を達成するための軌道にのせるには十分であることがわかりました。

  1. 成果が測定可能な意欲的な目標を設定します。
  2. それらを Trello に置きます。
  3. 定期的にチェックインして、進捗状況を確認してください。

OKR テンプレートをコピーして独自のものも作成できます!

OKR テンプレート ボード

テンプレートを使う


皆様からのご意見、ご要望はとても大切です。私たちのTwitterも@trelloでチェックしてください!

次の記事:  Trelloボードを使ったバレットジャーナルの作り方


皆様からのご意見、ご要望はとても大切です。私たちの Twitter (@trello) もチェックしてください!

ページ トップに戻る

チームの生産性に変革を

チームの生産性を飛躍的に高める、Trello の柔軟な機能と統合をご紹介します。

開始する