<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://dc.ads.linkedin.com/collect/?pid=44935&amp;fmt=gif">

プロジェクト マネジメントするなら知っておくべき用語 50 選

投稿者 | 公開日
<span id="hs_cos_wrapper_name" class="hs_cos_wrapper hs_cos_wrapper_meta_field hs_cos_wrapper_type_text" style="" data-hs-cos-general-type="meta_field" data-hs-cos-type="text" >プロジェクト マネジメントするなら知っておくべき用語 50 選</span>

あなたはプロジェクトを構成する個々のタスクとタイムラインを整理することが大好きで聡明であり、大規模なプロジェクト、予算、リソース、チームを管理する準備は万端です。まさに近い将来、有名なプロジェクト マネージャーとしての素晴らしいキャリアがあなたを待ち受けています。

既にプロジェクト マネージャーの役割をしっかりと実践していても、納得のいく説明も必要です。会議室での会話では略語が多数使用されて、遅れずについていくにはすぐに思い出せるようにする必要があります。

そこで、このブログが役立ちます。このブログをプロジェクト管理用語の頼れるガイドとしてご利用ください。

簡単に参照できるようにブックマークしたり、プロジェクト マネジメントになじみのない同僚と共有したりしましょう。

そもそもプロジェクトマネジメントとは?

いい質問です。プロジェクト マネジメントとは、特定の目標を達成するために戦略、スキル、ツールを適用することです。ほとんどの場合、その目標とはずばりプロジェクトを指します。

すべてのプロジェクトの元になるのはアイデアですが、究極の成功をもたらすには、計画、整理、実行、管理、追跡、完了、測定が必要になります。(あなたのような) プロジェクト マネージャーは、それらの局面すべてに加えて、成功するために必要な個々のタスク、タイムライン、予算、スコープ、リソースを監視します。

このブログがあれば心配ご無用です。早速、知っておくべき用語をご説明しましょう (アルファベット順なので非常に簡単に参照できます)。

プロジェクト マネジメントに必須な 50 の用語

1. アジャイル

急速な変化に適応するように設計された、迅速な作業手法です。多くの場合、チームは小規模で短いスプリントで作業して、長期にわたるプロセスやプロセスを遅らせるブロッカーはありません。

2. バックログ

プロジェクトのスコープ全体を構成するタスクの完全なリストです。バックログのタスクや成果物は、優先順位に従って整理されて実行されます。

3. ベースライン

プロジェクトのタイムライン、予算、範囲、目標の元の計画または見積もりです。進捗状況を比較して調整するための重要なトラッカーです。

4. ブロッカー

文字どおり、進行を妨げたり遅らせたりします。事前に予測して除去する必要があります。テクノロジーの複雑な要素から予算の制約まで、こうしたプロジェクトの障害は多岐にわたります。

5. ボトルネック

プロジェクトのフロー、ペース、キャパシティを狭めて制限します。成果物が多すぎて承認できない関係者や、過負荷になり得るプロセスなどが考えられます。

6. ブレイン ストーミング

創造的なアイデアやソリューションを生み出すためのツールです。ブレイン ストーミング セッションにはさまざまなテクニックがありますが、重要なのは多くのアイデアを集めてその中で最適なものを見つけることです。

7. 予算

プロジェクトを完了するための総コスト (推定) です。プロジェクト コストはさまざまなコストの合計として計算されて、必要なプロジェクト フェーズ、タスク、運用コスト、人件費、ツール、またはサービスが含まれます。

8. ケース スタディ

ユース ケースやプロジェクト管理に対するさまざまなアプローチを掘り下げたリソースです。通常は調査に基づく研究で、意思決定プロセスの局面をサポートします。

9. 変更管理

文字どおり、組織、チーム、またはプロジェクト内の変更を管理して制御する方法です。変更が行われる際に制御と効率を維持することを目的としています。

10. コンティンジェンシー プラン

プロジェクト全体で発生する可能性がある短長期的な中断や災害を効果的に管理する方法に関する、緊急時における詳細なバックアップ計画です。

11. クリティカル パス法 (CPM)

プロジェクトを段階的にスケジュールするためのモデリング技法です。各タスクに要する時間に基づいたアルゴリズムであり、プロジェクト全体のタスクの順序とタイムラインを決定するのに役立ちます。

12. ダッシュボード

プロジェクト、チーム、タスクの適切な管理をサポートするデジタル ツールです。整理した情報、チーム メンバー、オンラインのコミュニケーションの一元化されたハブであり、多くの場合、アナリティクスなどの視覚的ツールを備えています。

13. 成果物

すべてのプロジェクトには 1 つ以上の成果物があります。成果物はプロジェクトを通して、またはプロジェクト終了時に提供される結果です。これらのアウトプットは、レポート、サービスの更新、マーケティング資料、または商品などの製品やサービスです。

14. アーンド バリュー マネジメント (EVM)

プロジェクトのパフォーマンスと進捗を測定するための重要な方法です。プロジェクト スコープ、タイムライン、コストに基づいて計算されます。

15. ファスト トラッキング

プロジェクトの進捗を加速して、デリバリーまでのタイムラインを短縮する方法です。多くの場合は、複数タスクの同時実行や不要なタスクの削除を行います。

16. ガント チャート

プロジェクト タスクをスケジュールするための棒グラフです。アクティビティ (Y 軸) を時間 (X 軸) と比較して測定します。プロジェクト全体で各タスクに要する時間を確認して、進捗を追跡する優れた方法です。

17. 課題管理

課題を確認して解決するための方法です。課題の精査、特定、評価と優先順位づけ、戦略化、課題に対する対応、結果の監視などの段階で課題管理を実行できます。

18. キックオフ ミーティング

関係者とチーム メンバーがプロジェクトの開始時に行う最初のミーティングです。

19. 議事録

会議中に取るメモです。多くの場合は、主な要点と次のステップが含まれます。

20. マイルストーン

プロジェクトのタイムライン全体における主要なポイントです。進捗を称賛して評価するためのマーカーとして使用できます。

21. ミッション クリティカル

プロジェクトの成功に必要不可欠な要因、または組織の成功に必要不可欠な実際のプロジェクト自体を指します。

22. PERT チャート

Program Evaluation Review Technique (プログラム評価レビューのテクニック) を表すこのチャートは、タスクとタイムラインを簡単に整理するために使用されるプロジェクト管理ツールです。

23. 調達

商品、サービス、供給品を入手することです。プロジェクトでは、プロジェクトを完了するために必要なものすべてを収集することを意味します。

24. プロジェクトの制約

リスク、スコープ、タイムライン、予算、品質の問題など、プロジェクトの成功を制限する可能性がある要因です。

25. プロジェクト ライフ サイクル

プロジェクトの立ち上げから計画、実行、完了にいたる段階です。

26. プロジェクト管理ソフトウェア

計画やリソースの割り当てから関係者やチーム メンバーとのコミュニケーションまで、プロジェクト管理ダッシュボードと同様に、このソフトウェアはプロジェクト管理のすべての局面で使用されます。

27. プロジェクト マネージャー

特定のプロジェクトの計画、立ち上げ、実行、完了、結果に関連するすべての局面における担当者です。

28. プロジェクト計画

スコープ、タイムライン、プロジェクトのコストを含む、プロジェクトの実行前に作成される承認済みドキュメントで、プロジェクト全体のガイドラインとして機能します。

29. 品質管理

製品、サービス、またはプロジェクトが組織やその顧客からの品質に対する期待を満たすための、標準化された方法です。

30. RACI チャート

RACI は、Responsible (実行責任者)、Accountable (説明責任者)、Consulted (協業先)、Informed (報告先) を表します。このチャートは、プロジェクトのアクティビティに関する役割や責任を関係者とチーム メンバーに割り当てる方法です。

31. レポート

プロジェクト管理のレポートを使用すると、プロジェクトのステータス、進捗、または結果を可視化して確認できます。多くの場合はプロジェクトのライフ サイクルを通して実行されて、期待値を管理して結果をベースラインと比較するのに役立ちます。

32. リソースの割り当て

(多くの場合、予算内で) 利用可能な最適なリソースを認識して、特定のプロジェクトに割り当てる行為です。

33. リソース

プロジェクトやタスクを完了するために必要なすべてのものや人です。人材 (要員) から財務、時間、サービス、ツールまで、多岐にわたります。

34. リスク管理

プロジェクトに影響を及ぼす可能性のあるリスクを見極め、特定、評価、対応、管理するプロセスです。サービスの中断からリソースの再割り当てまで、リスクは多岐にわたります。

35. リスク軽減

リスクの種類に応じて一定の予防措置を取ることによって、プロジェクトに対するリスクまたはその影響を受ける可能性を最小限に抑える戦略です。

36. リスク オーナー

リスクの管理と軽減に関する責任を負う担当者です。

37. スコープ

プロジェクトのすべての局面の境界線を明確化したものであり、予算、タイムライン、成果物、タスク、期待値などを含みます。

38. スコープ クリープ

プロジェクトのスコープが制御できないほど拡大すると発生して、他の割り当ての時間とリソースを消費し始めるようになります。

39. スクラム

アジャイル プロジェクト管理と同様に、迅速に短いスプリントで作業する方法です。小規模チームは多くの場合、プロジェクトの成果物の継続的な創出に重点を置く一方、リーダーは障害を取り除くように努めます。

40. スラック

スラック (またはフロート) とは、プロジェクトのタイムラインに影響を与えずにタスクを遅延できる最大時間です。スラックがないタスクは、柔軟性がある他のタスクよりも先に完了することが重要です。

41. スプリント

スクラムとアジャイル プロジェクト管理では、チームは短いスプリントの継続的な開発サイクルで作業します。スプリントは、プロジェクト内の 1 つのサイクル、イテレーション、またはタスクを完了するためのあらかじめ決められた時間です。

42. 関係者

プロジェクトの結果またはその局面によって影響を受ける可能性がある個人、チーム、または組織です。プロジェクトを通して考慮したり、相談したりする必要がある場合があります。

43. ステータス レポート

最初のプロジェクト計画に基づいて、プロジェクトの現在までの進捗が要約されます。プロジェクトのライフ サイクルを通して、関係者への最新情報の提供、リスク軽減、ブロッカーの管理に役立ちます。

44. SWOT 分析

Strengths (強み)、Weaknesses (弱み)、Opportunities (機会)、Threats (脅威) を表します。プロジェクト マネージャーはプロジェクトのこれらの主要な要因を分析して、潜在的なリスクと機会をより適切に把握します。

45. タスク管理

特定のライン アイテムに取り組むチームの監督から個々のタスクの詳細やタイムラインの整理まで、プロジェクト内のタスクのすべての局面を管理するプロセスです。

46. タイムライン

開始日と終了日を設定して時系列で整理された、特定のプロジェクト内のすべてのタスクとアクティビティの詳細です。

47. ユース ケース

エンド ユーザーが製品やサービスを利用できる方法がすべて示されるので、プロジェクトのスコープと要件を把握するのに役立ちます。

48. ウォーターフォール

アジャイル プロジェクト計画とは異なり、従来のウォーターフォール手法では明確に確立されたプロジェクト フェーズに一定の順序で取り組みます。多くの場合は、大規模な固定プロジェクトで利用されます

49. 作業分解構造図 (WBS)

プロジェクトを階層的セクションと各セクション内のタスクに分解した図で、作業しやすく整理されています。

50. 進行中の作業 (WIP)

事前承認された作業 (または労働、資材、他のプロジェクト費用) で、未請求ではあるが完了しているかある程度完了している状態です。タスク管理では、タスクが現在作業中であり、まもなく成果物が発生することを意味します。

用語は以上です。

このページをブックマークすると、必要な時にいつでも簡単に参照できます。やるべきことをしっかりと実行して、かつ納得のいく説明もできる優れたプロジェクト マネージャーになったら、上司のように指導しているメンバーとこのブログを共有しましょう。


皆様からのご意見、ご要望はとても大切です。私たちの Twitter (@trello) もチェックしてください!

ページ トップに戻る

チームの生産性に変革を

チームの生産性を飛躍的に高める、Trello の柔軟な機能と統合をご紹介します。

開始する